天心無限会 - 天心無限会はPL剣道部のオフィシャルホームページで剣道の普及振興並びに母校の発展に寄与し、併せて会員相互の親睦を図るという事を目的に発足出来たものです。

PL学園剣道部OB会オフィシャルサイト 

天心無限會

文字サイズを変更する

サイトメニュー

ご挨拶

平成29年
新年明けましておめでとうございます。
會員並びにご家族の皆様方には、お健やかに新しい年を迎えられた事とお慶び申し上げます。
會が発足し4年10ケ月が過ぎ、昨年末に天心無限會のHPを開設することが出来ました。
今後は本部、各支部の活動を共有しながら會員皆様に情報を発信し、より充実した會を築いて行きたいと考えております。どうか、會員皆様方のより一層のご協力ご支援を頂きます様心よりお願い申し上げます。
昨年末、讀賣新聞社読者が選んだ平成26年度国内ニュースの中で、ノーベル物理学賞に青色LEDを開発された3名の教授が選ばれ又、2020年のオリンピックが東京にて開催される事が決定、明るいニュースがありました。
しかし、8月の広島市北部での土砂災害、9月の御嶽山での噴火災害で多くの尊い命が失われ、幾度なく起こる自然災害での恐ろしさを痛感させられました。
又、STAP細胞論文改さんに関しては、IPS細胞に次ぐ大きな発見と日本のみならず世界でも注目され、必要とされた多くの方々の期待を裏切る結果となり非常に残念な出来事でありました。
昨年度の會員の活動では、八段選抜、全日本男子選手権、全日本女子選手権等の各大会に於きましては残念ながら優勝する事が出来ませんでしたが、八段審査で、住野圭市先輩(26期)、石田洋二先輩(29期)の2名が合格され、八段取得者は18名となりました。
本年度も多く方が各段位に挑戦される事と思います。日頃の稽古の成果を力強く表現頂き、全員の方が合格されます事をお祈りいたしております。

後輩達の昨年度の活躍でありますが、女子チームがインター杯、選抜大会に出場致しましたが、結果は共に予選リーグで敗退となりました。インター杯個人戦にて女子の三木美侑選手が検討されましたがベスト16位とまりとなりました。
男子チームは、全国大会のキップを手にすることさえ出来ない結果となり、常勝PL学園としては決して満足の出来る年ではなかった事と思います。
監督の川上徹先生は悔しい思いであった事でしょう。『部員の確保が思うように出来ない、場合によっては廃部になるかも』と漏らしておられました。
會として、少しでも役立つことが出来ないものかと昨年に、学園入学希望者の紹介をお願い致しました。
本年度の願書受付期間にはまだ間に合います。(願書受付:平成27年1月21日~2月3日)今一度周りを見渡して頂き、ご紹介いただきたくご協力の程よろしくお願い致します。

さて、本年度の活動でありますが、5月に初めての役員改選が行われます。
會としては歩き始めたところであり、しっかりとした基盤がまだできていないのが現状かと思います。
今後の天心無限會の発展の為に多くの會員の方々のご意見を頂きより良い會に発展することを願っております。
世界大会が東京にて5月29日より31日に開催されます。
男子チームの監督に石田利也先輩(25期)、コーチに平尾泰先輩(31期)、女子チームのコーチに竹中健太郎先輩(36期)が選出されました事は既にご承知の事と思います。
大会当日には多くの會員の方が、会場に出向いて頂きご声援下さいますようお願い致します。
八段選抜、全日本選手権、都道府県、国民体育大会等々多くの大会が行われます。
會員各位のご活躍を祈念致しております。
又、この度のHP開設に際しご尽力いただきました會員各位には感謝申し上げます。

最後になりましたが、會員並びにご家族の皆様方のご健勝、ご多幸、ご活躍を祈念致しご挨拶と致します。

天心無限會 会長 米田 義一(10期)